Tsunekichi Suzuki / 鈴木 常吉

夜出演 チームウクレレじゃない

80年代にセメントミキサーズにボーカル/ギターで参加。
1989年伝説のバンド・オーディション番組TBS「イカ天」に出場、3週勝ち抜き注目を集める。
90年、セメントミキサーズ「笑う身体」でメジャーデビュー。
プロデュースをブレイブ・コンボのカール・フィンチが担当。
その音楽性が高い評価を得るもアルバム1枚を残して解散。
翌91年、つれれこ社中にボーカルとアコーディオンで参加。
97年、つれれこ社中、オフノートより「雲」をリリース。
高田渡、早川義夫、忌野清志郎らに絶賛される。
2000年、つれれこ社中、活動休止。
2006年、満を持して初ソロ作「ぜいご」をリリースする。
2009年、TBS放映のテレビ・ドラマ「深夜食堂」(原作、安倍夜郎、主演、小林薫) で「ぜいご」収録の「思ひ出」がオープニング曲として使われ、大きな反響、話題を呼ぶ。
近年は「俳優 亀岡拓次」横浜聡子監督
「オーバーフェンス」山下敦弘監督(2016年9月公開)
など映画俳優としても活躍している。