木津かおりと岡部洋一 / Kaori Kitsu & Yoichi Okabe

昼出演 チームウクレレじゃない

木津かおり
コロムビアレコード専属民謡歌手
横浜に生まれ幼少より尺八奏者の父、木津竹嶺の元で民謡を師事。
三味線を本條秀太郎師手ほどきを受けNHKの民謡番組への出演や全国各地のステージに出演する一方、指導・育成にもあたり、地元横浜を中心に教室を開催する。教室の生徒さん達と自身の弾き語り民謡と共に、地元のサロンコンサートや慰問活動等にも力を注ぐ。
 又洋楽ミュージシャンとの新ユニット 『調草子 kaori-ne』(しらべのそうしかおりね)にて民謡の新たな可能性を求め活動を展開する中、2015年市川染五郎主演「歌舞伎NEXT “阿弖流爲(あてるい)”」に唄・三味線・太鼓で参加する。2016年春、「木津かおりとthe民謡」を岡部洋一氏、太田惠資氏をゲストに迎えVol.4は9月に開催を予定。2017年タナカアキラ氏と、民謡を生かしたお客様参加型ユニット”SAMURAI Geisha funktion “を結成活動し始める。

岡部洋一
1962年東京都出身。
高校時代からパーカッションの演奏を始める。
早稲田大学在学中にラテン音楽やロックのサークルに出入りし、プロとしての活動を開始。歌謡曲のバックや、ブラジル音楽、ジャズなど幅広く演奏する。 現在はトランスロックバンド「ROVO」や、プログレッシブジャズロックバンド「ボンデージフルーツ」、16人編成のブラスロックバンド「THE THRILL」のメンバー。
2001年、ソロアルバム「SATIATION」をまぼろしの世界からリリース。2006年には、ソロライブアルバム「感覚の地平線」をリリース。
洗足音楽大学ジャズコース非常勤講師。